おいでにゃんよ。

お気軽にお問合せ下さい
TEL:0266-41-1111 FAX:0266-41-4651

地域おこし協力隊 隊員活動記地域おこし協力隊 隊員活動記

【今日のど真ん中】日本のど真ん中は教育もアツい!vol.1 〜日本のど真ん中で地域課題を考える〜

日本のど真ん中辰野町からこんにちは!

地域おこし協力隊のはんちゃんです!!

 

さて、今回から何回かシリーズ化する予定の「日本のど真ん中は教育もアツい!」

第1回は辰野高校の総合的な探究学習の授業です!

 

みなさん、「総合的な探究学習の時間」って聞いたことありますか?

「た、たんきゅ・・・がくしゅ・・・?」と、頭にいっぱいはてなが浮かんだのは私だけではないはず!!

(高専に行ってたので、カリキュラム違うというのもあると思うけど、多分私が高校生だった時代にはなかったと思う……)

新しく多くの高校で取り組まれることになった授業だそうです。

中学校でいう総合的な学習、大学でいうゼミ研究、みたいな感じでしょうか?

一問一答式の答えが決まったことを勉強する授業ではなく、

主体的に疑問やその解決策を見つけていく授業で、正解がない、そんな授業です。

でも、学校出て社会人になってみるとわかるけど、世の中って、「正解のない」ことばかりですよね~

そんなわけで、協力隊として、私はんちゃんと、北埜ペアで授業のお手伝いに行ってまいりました!

題して「地域のみんなのお困りごとを解決しよう!」

 

地域の方々12名にご来校いただき、それぞれのお困りごとを話してもらいます。

さらにインタビューをしながら、お困りごとの内容をより掘り下げて理解し、

チームの中で解決策を考えて提案する。

この一連の流れを、たった100分の授業の中でやり切るという、かなりハードなワークショップだったにも関わらず、

辰野高校1年生のみなさんは、ひたむきに取り組んでくださいました!

最後には、地域の方々からそれぞれベストアイディア賞を選んでいただき、プチ授賞式もあったのですが、

選ばれた/選ばれなかった、で一喜一憂するのも、高校1年生らしくて可愛いらしく、

それでもお互いを称え合うその精神は素晴らしい!

授業の内容設計段階から関わらせていただき、先生方との打ち合わせを重ねる中で、

「生徒さんたちは、果たして、どれくらい面白いと思って取り組んでくれるかな。真剣になってくれるかな」という不安もありました。

 

でも、そんな心配は杞憂に終わり、

事前学習から一生懸命に取り組んでくれて、

当日もゲストさんにかぶりつきでお話を聞いたり、チームメイトと「あーでもないこーでもない」と言いながら解決策を練り上げてくれました。

 

解決策のアイディアには、私たちがハッとさせられるようなものや、とても面白い内容もあり、

地域ゲストさんはじめ、先生方、私たちスタッフまで学ばせていただくものが多くありました。

例えば、免許返納後の高齢者の移動手段の問題を解決するために「高齢者が日常的にヒッチハイクする町になればいい」などといった提案が……大人ではなかなか思いつかないアイディアです!

 

来年度以降も、2年生になったみなさんがどんなことに取り組んでくれるのか、

そして新しく入学してくる1年生のみなさんが、どんな面白い発見や経験をしてくれるのか、

今から楽しみで仕方ありません!

地域おこし協力隊 苫米地花菜

プロフィール

名前:鈴木雄洋(すずきかつひろ)

千葉県船橋市生まれ。
大手財閥系不動産デベロッパーにて6年間勤務。

これまでは
「新築不動産」を通して、まちづくりのお仕事をさせていただきましたが、

これからは
「あるものをどう活かすか」という脳味噌を鍛えてワクワクする様な取り組みをしていきたいです。

「移住・定住」担当として、不動産経験を活かしながら町を盛り上げていきたいです。
辰野町にとって少しでもお役立ちができればと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

詳細を見る

カレンダー