おいでにゃんよ。

お気軽にお問合せ下さい
TEL:0266-41-1111 FAX:0266-41-4651

地域おこし協力隊 隊員活動記地域おこし協力隊 隊員活動記

◎わが家の子連れ移住日記!その15◎ 【ハードルが高そうで低かったこと①編】

おばんです。お盆です。みっちです。

本来、今夜は各地区でお祭りの予定でした。

今年は残念ながら中止の地区が多いのかな。

本当に近所の人たちだけ集まって、少し飲んで食べて、花火して。

 

今日やることにはもちろん意味があります。

ご先祖様を迎えるために迎え火、というものを焚きます。

この辺ではどんぶや(まんど)というものをします。

わたしの出身地では16日のお盆の終わりに送り火でやりました。

 

いやいや、まずはどんぶや(まんど)って何?ですよね。

これです。

 

 

みかん箱小くらいの大きさの良く燃える素材のかたまりに

紐をつけたものを用意します。

小学生が1人1個ずつ持ち、それに火をつけます。

燃え盛るかたまりを燃え尽きるまで

己の体のまわりでグルグルとまわします。

 

いや、危ないでしょう・・・。

なにその儀式。

 

何の意味があるの?

なんで燃え盛る炎を体のまわりでまわす必要が?

ビビりのわたしは結局1人でまわすことはできないまま

小学校を卒業しました。

 

巨大な大人用がある場合もあります。

成人男性の背丈の大きさの巨大な代物は持ち上げることすら困難。

それに火を放って成人男性がまわす。歌いながら。

いやもう、凶器というか狂気でしょう。

 

でも意外に小学生たちは平然とまわしていました。

うーん、わたしはいまでも怖いけどなぁ・・・。

 

そして、そのあとは花火です。

手持ち花火を想像しましたよね?

違います。

打ち上げ花火です。たーまやーですよ。

わが家も昨年は協賛金数千円払って名前呼んでもらいました。

 

打ち上げ花火って数千円が数人集まればあがるんだ・・・という驚き。

意外とハードル低いのね。

 

辰野町では10世帯くらいの地区でも打ち上げ花火が上がるそう。

辰野の花火愛・・・侮れない!

来年は開催されるといいなぁ。

 

地域おこし協力隊 きだてみちこ

プロフィール

名前:鈴木雄洋(すずきかつひろ)

千葉県船橋市生まれ。
大手財閥系不動産デベロッパーにて6年間勤務。

これまでは
「新築不動産」を通して、まちづくりのお仕事をさせていただきましたが、

これからは
「あるものをどう活かすか」という脳味噌を鍛えてワクワクする様な取り組みをしていきたいです。

「移住・定住」担当として、不動産経験を活かしながら町を盛り上げていきたいです。
辰野町にとって少しでもお役立ちができればと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

詳細を見る

カレンダー