おいでにゃんよ。

お気軽にお問合せ下さい
TEL:0266-41-1111 FAX:0266-41-4651

地域おこし協力隊 隊員活動記地域おこし協力隊 隊員活動記

◎わが家の子連れ移住日記!その19◎ 【雪雪雪!編】

おつかれさまです。みっちです。

 

雪!でしたね。

朝から降り続いて夕方まで。

子ども大人も大興奮でした。

 

 

この地域の保育園や幼稚園の持ち物で必ず必要なのがスノーウェア。

雪遊び用の防水ウェア、防水手袋、防水ブーツです。

一瞬面倒だなと思うかもしれませんが、この地域ではスキー場が気軽!

これから渋谷行くかーぐらいのノリでスキー場行けちゃいます。

スキー場でそり遊びができるので、スノーウェアは家庭でも必須なのです。

 

雪の日の小学生の学校帰りスタイルは、思い思いの雪の塊を抱えて歩くこと。

みんな、なかなか大きな雪の塊を抱えて歩いています。

中でも目を引いたのは、大玉送り(この競技知ってますか?)並みの

大きな雪の塊をゴロゴロ転がしながら歩いている男の子。

大玉を転がしながら道を横切ったりして運んでいましたが、

突然バカーン!!と割れてしまったようです。

残念。

だけど、どこかほっとしてるような空気感もありました。

先の見えない戦いでしたからね。

 

とりあえず雪が降ったら小さくても必ず雪だるまをつくる!

と昔から決めているわたしは昼にミニ雪だるまを制作。

謎のこだわり、素手で。

 

 

雪の降る中、必死で作成&撮影しました。

そんな大仕事を終えたミニダルくんは、降り続ける雪の力で

夕方にはアフロヘアに変身していました。

 

 

 

雪かきも面倒なので、キレイな雪の有効活用で

娘と一緒に少し大きめの雪ダルさんに挑戦。

 

 

雪だるまをつくって雪かきしてるフリをしよう大作戦です。

庭に落ちていた鹿の角を娘がぶっ刺して雪ダルさんの手に。

うーん、ワイルド。

 

 

そんなことをしていると雪もやみ

雲の切れ間からうっすら夕焼けが見えていました。

 

 

翌朝の銀世界もとてもキレイで幻想的でした。

 

 

娘はあしたも幼稚園で雪遊びの予定だそう。

すーーーーーーっごく楽しいようなのでなによりです!

 

地域おこし協力隊 きだてみちこ

 

プロフィール

名前:鈴木雄洋(すずきかつひろ)

千葉県船橋市生まれ。
大手財閥系不動産デベロッパーにて6年間勤務。

これまでは
「新築不動産」を通して、まちづくりのお仕事をさせていただきましたが、

これからは
「あるものをどう活かすか」という脳味噌を鍛えてワクワクする様な取り組みをしていきたいです。

「移住・定住」担当として、不動産経験を活かしながら町を盛り上げていきたいです。
辰野町にとって少しでもお役立ちができればと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

詳細を見る

カレンダー