おいでにゃんよ。

お気軽にお問合せ下さい
TEL:0266-41-1111 FAX:0266-41-4651

イベントイベント

イベント一覧
終了しました

アイディアをカタチにする一歩 小さなアイディア→大きなカタチに 〜日本のど真ん中プロジェクトから考える〜

開催日:
11月13日(水)
開催時間: 18:00-20:00
集合場所: 辰野町役場2階第6会議室
場所: 辰野町役場2階第6会議室
内容: ●特典:ご来場の方先着30名様に「ど真ん中ロゴ缶バッチ」をプレゼント!!

●スケジュール:
18:00 開会
18:10 基調講演
「アイディアをアクションにする方法 〜まちづくりのプレイヤー、サポーター、フォロワー〜」
18:45 パネルディスカッション
「日本のど真ん中でアイディアをカタチにするとは?」
19:35 会場を交えて意見交換
20:00 閉会
その後、30分程度、講師、パネラー、会場の皆さんと名刺交換や情報交換のお時間を設けます。こちらは自由参加です。

●申し込み:不要

●基調講演 講師紹介
小泉 祐司 (Yuji Koizumi)
・ Tsukuba Place Lab スタッフ
・元水戸市役所職員
・ 瀬戸内『し・ま・の・音楽祭』 事務局長
・#いばふく 前でお話するひと

1991年生まれ。埼玉県狭山市出身。
15歳で東京都へ引っ越し、水戸市役所への就職を期に23歳で茨城県水戸市へ。
入庁1年目に産業経済部商工課へ配属され、商店街振興や 水戸まちなかフェスティバルの運営業務に携わる。
入庁3年目からは、水戸市内全域の創業支援に携わるとともに、 コワーキングスペース水戸Wagtail運営に携わる。
先月6月30日を持って水戸市役所を退職、7月からまちづくりや行政コンサルを行う株式会社しびっくぱわーに転職。 Tsukuba Place Labの運営に携わる。

●パネルディスカッション パネラー紹介
・赤羽孝太(Akahane Kota)
○と編集社代表理事。2018年まで辰野町集落支援員を務める。
「ど真ん中ロゴプロジェクト」代表をつとめ、ど真ん中ロゴをコンペで募集し、公開審査にて決定。2019年6月のホタル祭りでは開幕式に合わせてロゴを公表。そんな華々しい「ど真ん中ロゴ完成」までのドタバタとした舞台裏をお話しします。

・工藤翔(Kudo Sho)
辰野町在住の会社員。外資系金融機関で働く傍ら、「日本のど真ん中辰野町から、音楽文化を醸成したい!」と立ち上がった若者の団体 ど真ん中ミュージック振興会 の代表を務める。2019年9月に、横川峡にあるかやぶきの館の能舞台で、イベント「能舞台de音楽祭2019」を開催。12月に立ち上がったチームが、9月にイベント開催するまでの道のりをお話しします。
持ち物: なし
料金: 無料

「辰野町が日本の中心の中心!」とチコちゃんが言ってから早一年。。。
「日本のど真ん中で何かしたい!」辰野町民がそう考え始めて、早一年。。。

「こんなことがしてみたい」
あなたの手の中にあるその小さなアイディアは
カタチになるまでに、とてもたくさんのパワーが必要かもしれません
でも、アイディアを手の中に持ち続けていたら、それは「小さなアイディア」のままになってしまう

だからこそ、「小さなアイディア」を「大きなカタチ」にするための一歩を、
秋の夜に、みんなで考えてみませんか。

プロフィール

名前:鈴木雄洋(すずきかつひろ)

千葉県船橋市生まれ。
大手財閥系不動産デベロッパーにて6年間勤務。

これまでは
「新築不動産」を通して、まちづくりのお仕事をさせていただきましたが、

これからは
「あるものをどう活かすか」という脳味噌を鍛えてワクワクする様な取り組みをしていきたいです。

「移住・定住」担当として、不動産経験を活かしながら町を盛り上げていきたいです。
辰野町にとって少しでもお役立ちができればと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

詳細を見る

名前:都筑 智子(つづき さとこ)

東京生まれの千葉育ち、社会人になってからはずっと東京で生活していましたが、途中でふらふらとフランスにも渡りました。
生まれてから一度も、フルネームで間違えられなかったことがありません。
(都築さんとかツクバさんとかトチクさんとかトモコさんとかこの組合せとか・・・)
どなたか、最初の一人になりませんか?

担当は、辰野町の学生と地域を結びつけるコーディネート活動です。
好きな言葉は「現況維持は後退と同じ」!
学生さん達と一緒に楽しいことを実現していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

詳細を見る

名前:北埜航太(きたのこうた)

東京都町田市生まれ。中高は府中、大学は目白と東京の中でも緑が多いところで育ちました。
辰野町との出会いのきっかけは、学生時代のまちづくりインターンシップ。生き生きと生き働く大人たちにたくさん出会い、「なんだこの町は??」という衝撃を受けました。
その後、東京の広告・メディアの会社で働いたのち、またこちらに来させてもらえることになりました!

担当は、グリーンツーリズムの推進です。
よろしくお願いします!

詳細を見る

名前:秋山 久子(あきやま ひさこ)

東京都町田市出身。寅年生まれ。東京都狛江市でカフェを5年7ヶ月営んでおりました。2019年4月から地域おこし協力隊として辰野町小野に単身移住。
農林水産業を盛り上げて地方から日本を元気にしたいです!

詳細を見る

名前:小口(柴) 麻利子

生まれは東京、育ちは埼玉。
世界を旅していて心惹かれた、『自然に寄り添う暮らし』、『知足の生活』を求めて長野へ。

世界をまわった経験を活かして、「観光の推進に関すること」を担当していきます。

よろしくお願いします!

詳細を見る

名前:栗林 太朗<R1年3月退任>

詳細を見る

名前:苫米地花菜(とまべち はんな)

宮城県亘理町という海の町で生まれ育ち、東京は八王子で4年間の学生時代を経て、
大学院卒業と同時に辰野町の地域おこし協力隊になりました。

担当は「地域づくり」です。特に、辰野らしいお土産の開発に取り組んでいます。
どうぞよろしくお願いします!!

詳細を見る

名前:後藤 稔

地域おこし協力隊としてお世話になっております後藤 稔です。
ただいま腹筋中でございます。筋トレはライフワークです。
楽しく辰野町を盛り上げていきたいと思っております。よろしくお願いします。
好きな言葉は「一寸の虫にも五分の魂」。

詳細を見る

名前:角谷 達則 <H31年3月退任>

H30年4月より辰野町地域おこし協力隊に着任しました。
担当は鉄道沿線まちづくりです。
現役大学生ですが、大学は休学中です。
若く経験が少ないですが、若いなりの視点から活動できたら良いなと考えています。
よろしくお願いします!

詳細を見る

名前:木建 景(きだて けい)
H30年度より辰野町地域おこし協力隊に就任しました。

担当業務は「移住・定住の推進に関する活動」です。

関西で20年、東京で20年そして長野でさらに20年~暮らすためにやってまいりました。

名前:木建 美智子(きだて みちこ)
H30年度より辰野町地域おこし協力隊に就任しました。

担当業務は「農泊推進、移住定住に関する活動」です。

カワイイモノとオモシロイモノが大好きです。変な看板など見かけた際はお知らせください!

詳細を見る

名前:山浦 泰(やまうら たい)<R1年3月退任>

辰野の隣、塩尻市で生まれ、東京の練馬大根で育ち、現在は辰野で協力隊と畑をやっております。担当のテーマは「六次産業化による、地域ブランドの確立」です。皆様に美味しいものを届けられるよう頑張ります。

詳細を見る

名前:村尾友香(むらおゆか) (平成29年 退任)

平成29年4月より辰野町地域おこし協力隊に新しく仲間入りした村尾友香(むらおゆか)です。活動のテーマは「観光・移住定住による交流人口増」です。大阪府出身ですが、田舎の自然豊かな環境で、地域と人を繋ぐ仕事がしたかったため大学卒業と同時にご縁があった辰野町に越して来ました!地域おこし協力隊としての活動も頑張りつつ、辰野町民の一人としてたつの暮らしを楽しみたいと思います。みなさんよろしくお願いいたします!

詳細を見る

カレンダー