おいでにゃんよ。

お気軽にお問合せ下さい
TEL:0266-41-1111 FAX:0266-41-4651

地域おこし協力隊 隊員活動記地域おこし協力隊 隊員活動記

◎わが家の子連れ移住日記!その2◎ 【そもそも移住したのは…<前編>】

こんにちは。みっちです。
今回はそもそものお話。長いです。

 

わたしはもともと、長野県の箕輪町出身です。
いま住んでいる辰野町のお隣です。

 

「もう長野には帰らない!」

 

そんな気持ちで高校卒業と同時に上京。
東京で大学生活を送り、働き、結婚、出産。
1年に1回、数日ほどしか実家によりつかず、里帰り出産もせず。
約20年間どっぷりと東京ライフを楽しんでおりました。

 

東京生活で一番長かったのは社会人としての生活。
大学卒業と同時に飛び込んだのは、華やかでバブリーなブラック業界。
映像制作会社でした。

 

ロケやイベントで日本全国、海外にまで行くような仕事。
バイクや車のレースはマニア並みに撮影しまくったし、
イケメンで有名なF1ドライバーがヘリコプターから降りてくる姿に
『王子様って本当にいたんだ…』と衝撃を受けた。
大御所ナレーターの神業に驚嘆し、アイドルと同じエレベーターに乗り、
真夜中の静まり返った美術館で何億もするような絵画に囲まれ、
テレビショッピングや番組制作の裏側にショックを受け、
生で見る女優さんのあまりの美しさに鼻血がでそうになる。

 

ランチに行くと水の代わりにビールや白ワインが出てくるような街で
昼夜問わず、もう、ほんと鬼のように働きました。

 

 ※鬼のように働く図

 

そんな業界で12年ほど過ごしたある日、事件は起こります。
しばらく休んだ記憶もなく、食事をとる時間もなく
人と雑談する時間も、LINEに返信する時間も、寝る時間もない。
そんな大仕事を終えてほっと一息ついた日の夜のことでした。

 

久々に家で大好きな辛いものと大好きなお酒を飲んで
仕事を忘れてちょっと夜更かしして。
今日はゆっくりお布団で眠れるぞ~!とウキウキしていました。

 

下血。

 

顔から血の気が引くというのをリアルに体感しました。
心臓はバクバクと激しく鼓動を打ち、手が震えました。

 

ヤバイ。

 

 

救急車を呼ぶべきか迷いましたが
「夫にバレたくない」
という気持ちがなぜか先に出てきました。
身近な人に病気を隠すって気持ちなのでしょうか。

 

トイレでしゃがみこみながら、震える手でスマホを検索。
症状と状況と……………これだ…!

 

『 痔 』

 

震えはとまり、鼓動は落ちつき、顔に血の気が戻り、即寝ました。
翌日、痔主(ぢぬし)の同僚に病院を教えてもらい受診。
無事に?痔主認定をいただきました。

 

 ※この写真を撮ってくれた人も痔主でした

 

安心したけど痔かぁ~!うん、もう仕事や~めよ!
そんな感じで12年ほどやってきた映像の仕事をやめました。
痔で良かったけど、実際はよくないですしね。

 

そして仕事をやめると、結婚6年目にして子どもを授かりました。
即でした。
仕事はかなりのストレスだったんだな~なんて今さらながら実感する出来事でした。

 

<後編へつづく>

 

 

地域おこし協力隊 きだてみちこ

プロフィール

名前:鈴木雄洋(すずきかつひろ)

千葉県船橋市生まれ。
大手財閥系不動産デベロッパーにて6年間勤務。

これまでは
「新築不動産」を通して、まちづくりのお仕事をさせていただきましたが、

これからは
「あるものをどう活かすか」という脳味噌を鍛えてワクワクする様な取り組みをしていきたいです。

「移住・定住」担当として、不動産経験を活かしながら町を盛り上げていきたいです。
辰野町にとって少しでもお役立ちができればと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

詳細を見る

カレンダー