おいでにゃんよ。

お気軽にお問合せ下さい
TEL:0266-41-1111 FAX:0266-41-4651

地域おこし協力隊隊員活動記

【今日のど真ん中】私たち、日本のど真ん中で結婚します!

日本のど真ん中から、あけましておめでとうございます!

地域おこし協力隊のはんちゃんです!

 

今年最初のど真ん中は、、、とってもおめでたいど真ん中!!

しかも、ついさっき取材してきたばっかりだから、とってもホットな話題ですよ〜〜〜(笑)

なんと!「日本のど真ん中辰野町で婚姻届を提出したい!」と、東京から婚姻届を出しにきてくださったカップルのご紹介です。

 

東京都在住の角田渉(わたる)さん&知慈乃(ちしの)さんカップル。

元々、時期は未定ですが、2020年には入籍しようと考えていたお二人。

お二人が辰野町に出会ったのは2019年の夏。

辰野町地域おこし協力隊でもあり、陰ヨガインストラクターでもある小口まりこちゃんと、渉さんが共同開催したリトリートがきっかけでした。

 

その際、渉さんも知慈乃さんも、川島地区がとても印象的だったそう。

渉さんは「インドのウッタラカシに似て、神聖さを感じる。一方で、日本的風情も感じる」という印象を抱いたとか。

知慈乃さんは「何がいいのかわからないくらい、とても印象的」だったそう。

 

そんなお二人は、夏に川島地区にある農家民宿月のもりさんにご宿泊され、昨年12月の知慈乃さんのお誕生日にも、再度辰野町を訪れます。

そこで、月のもりオーナーの市川さんから「いつか出すなら、来月出せばいいじゃない」と背中を押され、

あれよあれよと言う間に準備をして、この度辰野町で婚姻届を提出する運びに。

 

ちなみに、お二人ともお誕生日が「7日」であることから、この日を選んだそうです。

辰野町オリジナルデザインの婚姻届で、入籍をしたお二人。

1/7(火) 11:00ころ、無事受理され、晴れてご夫婦となりました!!

 

「二人でいることによって、自分たちが幸せであるのはもちろんのこと、周りにも幸せの輪を広げていきたい」と話すお二人。

そういう意味でも、「日本のど真ん中」から始めたい、というお気持ちで、辰野町にきてくださったのだとか。

 

「一歩ずつ、ここから。」と笑顔でおっしゃる知慈乃さんと、

「そうだね、ここからいろんなことを体験して。またきっと、辰野にくるかもしれないし。」と返す渉さん。

 

そんなお二人を見ていて、取材しているこちらまで幸せな気持ちになりました。

写真左は、たまたま通りかかった町長・副町長、辰野で入籍するきっかけとなった市川さんを交えて記念にパシャリ

写真右は、月のもりで二人で体験したお餅つきで作った紅白餅。恐れ多くも、私もいただき、お二人の幸せを分けていただきました〜

 

日本のど真ん中から、一歩ずつ。

これから、末長くお幸せな、そして周りにも幸せの輪を広げていくお二人に、幸多からんことを!!

 

そして、入籍のためにわざわざ辰野町まできていただき、ありがとうございました!!

地域おこし協力隊 苫米地花菜

プロフィール

名前:秋山 久子(あきやま ひさこ)

東京都町田市出身。寅年生まれ。東京都狛江市でカフェを5年7ヶ月営んでおりました。2019年4月から地域おこし協力隊として辰野町小野に単身移住。
農林水産業を盛り上げて地方から日本を元気にしたいです!

詳細を見る

名前:小口(柴) 麻利子

生まれは東京、育ちは埼玉。
世界を旅していて心惹かれた、『自然に寄り添う暮らし』、『知足の生活』を求めて長野へ。

世界をまわった経験を活かして、「観光の推進に関すること」を担当していきます。

よろしくお願いします!

詳細を見る

名前:栗林 太朗

詳細を見る

名前:苫米地花菜(とまべち はんな)

宮城県亘理町という海の町で生まれ育ち、東京は八王子で4年間の学生時代を経て、
大学院卒業と同時に辰野町の地域おこし協力隊になりました。

担当は「地域づくり」です。特に、辰野らしいお土産の開発に取り組んでいます。
どうぞよろしくお願いします!!

詳細を見る

名前:後藤 稔

地域おこし協力隊としてお世話になっております後藤 稔です。
ただいま腹筋中でございます。筋トレはライフワークです。
楽しく辰野町を盛り上げていきたいと思っております。よろしくお願いします。
好きな言葉は「一寸の虫にも五分の魂」。

詳細を見る

名前:角谷 達則 <H31年3月退任>

H30年4月より辰野町地域おこし協力隊に着任しました。
担当は鉄道沿線まちづくりです。
現役大学生ですが、大学は休学中です。
若く経験が少ないですが、若いなりの視点から活動できたら良いなと考えています。
よろしくお願いします!

詳細を見る

名前:木建 景(きだて けい)
H30年度より辰野町地域おこし協力隊に就任しました。

担当業務は「移住・定住の推進に関する活動」です。

関西で20年、東京で20年そして長野でさらに20年~暮らすためにやってまいりました。

名前:木建 美智子(きだて みちこ)
H30年度より辰野町地域おこし協力隊に就任しました。

担当業務は「農泊推進、移住定住に関する活動」です。

カワイイモノとオモシロイモノが大好きです。変な看板など見かけた際はお知らせください!

詳細を見る

名前:山浦 泰(やまうら たい)

辰野の隣、塩尻市で生まれ、東京の練馬大根で育ち、現在は辰野で協力隊と畑をやっております。担当のテーマは「六次産業化による、地域ブランドの確立」です。皆様に美味しいものを届けられるよう頑張ります。

詳細を見る

名前:村尾友香(むらおゆか) (平成29年 退任)

平成29年4月より辰野町地域おこし協力隊に新しく仲間入りした村尾友香(むらおゆか)です。活動のテーマは「観光・移住定住による交流人口増」です。大阪府出身ですが、田舎の自然豊かな環境で、地域と人を繋ぐ仕事がしたかったため大学卒業と同時にご縁があった辰野町に越して来ました!地域おこし協力隊としての活動も頑張りつつ、辰野町民の一人としてたつの暮らしを楽しみたいと思います。みなさんよろしくお願いいたします!

詳細を見る

名前:赤羽 孝太(あかはね こうた) <H31年3月退任>

地元辰野町を拠点に、首都圏と辰野町を行き来しながら2地域居住で活動をしていきます。
辰野町に興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。

詳細を見る

名前:関本 直弘《せきもとなおひろ》<H31年3月退任>

H28年度より辰野町の地域おこし協力隊に任命されました、関本直弘《せきもとなおひろ》です。
東京オリンピックを前に、海外では日本文化や日本人の礼節に関心が集まっています。
現代日本で失われつつある、地方ならではの助け合い、敬い、隣組の古式ゆかしい日本文化は、今でも地方では残っています。
日本中心《ゼロ◯ポイント》でもある、ここ辰野町から、そうした忘れかけられている良き日本文化を発信し、多くの人達との輪《◯》をより良いカタチで拡げてゆけたらと切に思っています。

詳細を見る

名前:溜池のどか <H31年退任>

H28年度より辰野町地域おこし協力隊に就任しました。
担当業務:「移住・定住の推進に関する活動」
鹿児島出身ですが、東京神奈川を経て辰野町までたどり着きました(*^^*)
右も左も分からない状態ですので、皆さんのお力を貸していただけると嬉しいです!!
どうぞよろしくお願い致します。

詳細を見る

カレンダー