おいでにゃんよ。

お気軽にお問合せ下さい
TEL:0266-41-1111 FAX:0266-41-4651

◎わが家の子連れ移住日記!その4◎【田舎移住で初体験!その①軽トラ編<前編>】

こんにちは、みっちです!

重すぎる腰をあげてこの日記をはじめよう!

と思ったキッカケがこの田舎で初体験シリーズ。

 

初体験ってほっといても事件が起きますよね。

そんな恥ずかしすぎる事件や焦った体験を

心の中に留めておきたくなく、かといって喋るのも苦手。

どこか吐き出す場を~と選んだのがコレというわけです。

 

そんなわけで、第一弾は軽トラ。

軽トラって実は運転したことなかったんです。

農家の娘なのに。

高校生のころは毎日軽トラで父親に送迎してもらっていたのに。

※思春期に軽トラは恥ずかしすぎて、駅から離れたところで降りたいのに

「寒いから」と駅前に横付けされていたことを思い出しました。

 

記念すべき軽トラのデビュー戦は打合せに向かう朝。

シャツを着て、パソコン持って、ニヤニヤしながら乗りこみました。

こんな格好で軽トラ乗って打合せいっちゃうんだぜ~ワイルドだろ~(古)

と相当浮かれ気分。

たぶん鼻歌くらいは歌っていました。

 

発進して間もなく。

おお、軽トラって見下ろす感じで運転なのね。

フムフム。

へ~いいじゃん、運転しやすいんじゃない?

 

・・・・・・・・・って

ぇええええええええぇえええぇええぇえ?!

 

目をこれでもかってくらい見開いて、ニヤケ顔はすっかりひきつった状態。

鼻水たらしたら完璧だった。

 

・・・・・・給油ランプ、ついとるやんけ。

 

い、いつから?

運転歴1年ちょっと。

超ビビりなので、燃料メーターが半分きったくらいから

ガソリンのことばかり考え、残り1メーターになった瞬間に給油する。

そんな給油ランプとは無縁の暮らしをしているわたしにとって

こんな恐怖はない。

 

なになに、この明らかに点くとまずい系のランプ。

これついたら「はい、おわりー!」ってこと?

冷や汗ダラダラ、若干涙目。

はぁはぁ言いながら頭を巡らす。

幸いにもわが家は坂の上の方。

アクセルを極力踏まずに下っていけば一番近いガソリンスタンドにつくはず・・・!

 

待ち合わせ時間まであと15分。

迷ってる暇は…ない!

若干の上り坂を呪いつつ、目指すはガソリンスタンド。

果たして、無事にこの難局を乗り切ることができるのか・・・?!

 

 

<思ったより長くなったから、後編に続く!>

 

地域おこし協力隊 きだてみちこ

【今日のど真ん中】日本のど真ん中で 炭、焼きませんか?

だいぶ寒くなってきた日本のど真ん中からこんにちは!

地域おこし協力隊のはんちゃんです!

 

みなさん、炭って焼いたことあります?

あ、BBQとかで火つける方じゃなくて、炭を作る方ですよ?

BBQとかキャンプで炭使うけど、、、

お部屋の消臭に炭使ってるけど、、、

お水が柔らかくなるっていうから、お風呂に炭入れてみてるけど、、、

 

「実は、炭ってどうやって作るのか……知・ら・な・い!!」

っていう人、多くないですか??

 

日本のど真ん中辰野町では、炭焼きですら体験できちゃいます!!

しかも、将来の炭焼き職人、大・大・大募集中です!!

寒い冬の朝に、薪を割り、登り窯につめて、火入れして、5日間焼き続ける。。。

こうして出来上がるのが辰野町・川島産の炭です。

 

寒いけど、時間も手間もかかるけれど、こうしてできた炭は私たちの生活を支えてきてくれました。

これも大事な冬の山仕事の一つです。

11月の炭焼きは、本日朝にちょうど火入れしたばかり!

26日まで火を焚き続けます。

 

そして、出来上がった炭を取り出すのは12月3日

翌4日には、出来上がった炭を使って、ランチパーティーをするそうですよ!

 

◇炭焼きにご興味のある方

◇薪割りでストレス発散したい方(めっちゃ体力いります。よく眠れると思います)

◇ただただ燃える火が見たい方

◇冬の屋外で意味もなく我慢大会したい方

 

ぜひ、一度炭焼き釜まで遊びにいらしてください!

川島で長年炭を焼き続けてきたお父さんたちの、炭焼き談や人生談も聞けちゃうかも!?

 

※薪割りは、必要量の薪ができた時点で終了となります。ご了承ください。

<川島産の出来立て木炭を使った里山の恵みランチパーティー>

◎日時:2019年12月4日 午前10時30分~13時(入退場自由)

◎場所:かやぶきの館 いろり
◎連絡先:090-8048-6867(地域おこし協力隊 北埜)

※ワクワクする川島の未来を考える「川島夢物語」と同時開催です!次回のテーマは「冬の川島を楽しめる体験アクティビティ企画を考えよう!」など

ぜひ、こちらもご興味の方はご参加ください!

アクセス

かやぶきの館奥のクラインガルデン「土恋処よこかわ」

一番奥で煙が上がっているのが炭焼きの登り窯です。

住所:長野県辰野町横川649番地1

地域おこし協力隊 苫米地花菜

◎わが家の子連れ移住日記!その3◎ 【そもそも移住したのは…<後編>】

そんなこんなでいよいよ出産。
初出産&高齢出産ということで不安になっていましたが


<夫、出産に間に合わずLINEでお知らせする事件>
<ベテラン産婦人科医「夜中から明け方にうまれます」宣言を15分で覆される事件>

 

など数々の事件を引き起こしながらのスーパー安産で終了しました。

 

無事に子どもが生まれると、今度は別の問題が出てきます。
悩みが尽きないって本当ですね。

 

住んでいた場所はかなりの保育園激戦区。
出産前から保活に勤しむ人や、入れないと困ります!と泣きながら懇願する人。
深夜から幼稚園の願書提出に並ばされるお父さん。
そんな中、わが家がいいなと思った幼稚園は
入園3年前に見学会参加、入園2年前に願書提出必須のスーパー人気幼稚園でした。
しかも鬼高い。

 

「父母ともにフルタイム勤務、祖父母は頼れない状況が最低ラインになります」
区役所の保育園入園に関する説明は端的でした。
当時無職。保育園も幼稚園も絶望的。

 

『あれ、わたしこれから子どもの保育園・幼稚園活動に勤しむの?
就職活動しながら?子ども連れて?なにその激重タスク…』

 

友人に聞いたところ、この状況の正解はこうらしい。
① 認可外保育園で入れるところを探していれる(無職でも入れる)
② 必死で就活してフルタイム勤務をゲットする
③ フルタイムで働きながら認可保育園に転園希望を出す

 

……………………………ふーん。

 

このまま都会でこの子は育つのかなぁ?

 

都会の公園はとにかく整備が行き届いていてキレイですね。

 

というか、田舎で育った方が田舎暮らしと都会暮らしと2倍楽しめるよね~!
そうだ!田舎に引っ越そう!
タイミングを見て田舎へ移住することが決定。

 

そんな折、目にした地域おこし協力隊募集のお知らせ。
長野県辰野町。わたしの実家の隣町。締め切りは2日後。

 

運命的でした。
夫は即決断。

 

「ダメもとで応募して、もし採用してもらえたら移住しよう!」

 

2人で応募して娘連れで面接。結果2人とも採用いただきました。
急いで会社を辞め、引っ越し準備。本当にバタバタで移住しました。

 

慌ただしい引っ越しをなかなかのスピードで手伝う?娘。

 

保育園も即入園が決定。
ただ少し驚いたのが、田舎の保育園は結構お休みがあります。
そんなわけで、年度初めは春休み。
でも大人は4月1日からお仕事です。
泣きわめく1歳の娘を連れて仕事に行きましたが
誰1人嫌な顔することなく、むしろみんな笑顔で温かく迎えてくださいました。

 

辰野町への第一歩

 

この当時は『3年もあるし、何でもできるな~』
なんて思っていましたが、ぼんやりしてたらあっという間に1年半。
もう、あしたには3年間終わったな~と言っている気がします。
田舎暮らしって忙しいですね。

 

田舎暮らしには原木きのこが必須だよね、と菌打ち。 2年目、打った覚えのないきのこが生える。

 

この当時は『3年もあるし、何でもできるな~』
なんて思っていましたが、ぼんやりしてたらあっという間に1年半。
もう、あしたには3年間終わったな~と言っている気がします。
田舎暮らしって忙しいですね。

 

さぁ、ぼんやりせずに活動せねば!
考えている企画が企画倒れにならないように。
遠隔でも何でも、飽きっぽいわたしのお尻を叩いてくれる方募集中です!笑
どうぞよろしくお願いいたします!

 

地域おこし協力隊 きだてみちこ

アイディアをカタチにする一歩 小さなアイディア→大きなカタチに 〜日本のど真ん中プロジェクトから考える〜

「辰野町が日本の中心の中心!」とチコちゃんが言ってから早一年。。。
「日本のど真ん中で何かしたい!」辰野町民がそう考え始めて、早一年。。。

「こんなことがしてみたい」
あなたの手の中にあるその小さなアイディアは
カタチになるまでに、とてもたくさんのパワーが必要かもしれません
でも、アイディアを手の中に持ち続けていたら、それは「小さなアイディア」のままになってしまう

だからこそ、「小さなアイディア」を「大きなカタチ」にするための一歩を、
秋の夜に、みんなで考えてみませんか。

プロフィール

名前:鈴木雄洋(すずきかつひろ)

千葉県船橋市生まれ。
大手財閥系不動産デベロッパーにて6年間勤務。

これまでは
「新築不動産」を通して、まちづくりのお仕事をさせていただきましたが、

これからは
「あるものをどう活かすか」という脳味噌を鍛えてワクワクする様な取り組みをしていきたいです。

「移住・定住」担当として、不動産経験を活かしながら町を盛り上げていきたいです。
辰野町にとって少しでもお役立ちができればと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

詳細を見る

名前:都筑 智子(つづき さとこ)

東京生まれの千葉育ち、社会人になってからはずっと東京で生活していましたが、途中でふらふらとフランスにも渡りました。
生まれてから一度も、フルネームで間違えられなかったことがありません。
(都築さんとかツクバさんとかトチクさんとかトモコさんとかこの組合せとか・・・)
どなたか、最初の一人になりませんか?

担当は、辰野町の学生と地域を結びつけるコーディネート活動です。
好きな言葉は「現況維持は後退と同じ」!
学生さん達と一緒に楽しいことを実現していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

詳細を見る

名前:北埜航太(きたのこうた)

東京都町田市生まれ。中高は府中、大学は目白と東京の中でも緑が多いところで育ちました。
辰野町との出会いのきっかけは、学生時代のまちづくりインターンシップ。生き生きと生き働く大人たちにたくさん出会い、「なんだこの町は??」という衝撃を受けました。
その後、東京の広告・メディアの会社で働いたのち、またこちらに来させてもらえることになりました!

担当は、グリーンツーリズムの推進です。
よろしくお願いします!

詳細を見る

名前:秋山 久子(あきやま ひさこ)

東京都町田市出身。寅年生まれ。東京都狛江市でカフェを5年7ヶ月営んでおりました。2019年4月から地域おこし協力隊として辰野町小野に単身移住。
農林水産業を盛り上げて地方から日本を元気にしたいです!

詳細を見る

名前:小口(柴) 麻利子

生まれは東京、育ちは埼玉。
世界を旅していて心惹かれた、『自然に寄り添う暮らし』、『知足の生活』を求めて長野へ。

世界をまわった経験を活かして、「観光の推進に関すること」を担当していきます。

よろしくお願いします!

詳細を見る

名前:栗林 太朗<R1年3月退任>

詳細を見る

名前:苫米地花菜(とまべち はんな)

宮城県亘理町という海の町で生まれ育ち、東京は八王子で4年間の学生時代を経て、
大学院卒業と同時に辰野町の地域おこし協力隊になりました。

担当は「地域づくり」です。特に、辰野らしいお土産の開発に取り組んでいます。
どうぞよろしくお願いします!!

詳細を見る

名前:後藤 稔

地域おこし協力隊としてお世話になっております後藤 稔です。
ただいま腹筋中でございます。筋トレはライフワークです。
楽しく辰野町を盛り上げていきたいと思っております。よろしくお願いします。
好きな言葉は「一寸の虫にも五分の魂」。

詳細を見る

名前:角谷 達則 <H31年3月退任>

H30年4月より辰野町地域おこし協力隊に着任しました。
担当は鉄道沿線まちづくりです。
現役大学生ですが、大学は休学中です。
若く経験が少ないですが、若いなりの視点から活動できたら良いなと考えています。
よろしくお願いします!

詳細を見る

名前:木建 景(きだて けい)
H30年度より辰野町地域おこし協力隊に就任しました。

担当業務は「移住・定住の推進に関する活動」です。

関西で20年、東京で20年そして長野でさらに20年~暮らすためにやってまいりました。

名前:木建 美智子(きだて みちこ)
H30年度より辰野町地域おこし協力隊に就任しました。

担当業務は「農泊推進、移住定住に関する活動」です。

カワイイモノとオモシロイモノが大好きです。変な看板など見かけた際はお知らせください!

詳細を見る

名前:山浦 泰(やまうら たい)<R1年3月退任>

辰野の隣、塩尻市で生まれ、東京の練馬大根で育ち、現在は辰野で協力隊と畑をやっております。担当のテーマは「六次産業化による、地域ブランドの確立」です。皆様に美味しいものを届けられるよう頑張ります。

詳細を見る

名前:村尾友香(むらおゆか) (平成29年 退任)

平成29年4月より辰野町地域おこし協力隊に新しく仲間入りした村尾友香(むらおゆか)です。活動のテーマは「観光・移住定住による交流人口増」です。大阪府出身ですが、田舎の自然豊かな環境で、地域と人を繋ぐ仕事がしたかったため大学卒業と同時にご縁があった辰野町に越して来ました!地域おこし協力隊としての活動も頑張りつつ、辰野町民の一人としてたつの暮らしを楽しみたいと思います。みなさんよろしくお願いいたします!

詳細を見る

カレンダー